交渉しなくていい

病院弁護士に相談したうえで代理人になってもらうと被害者としてはかなり楽です。交通事故の被害に遭った方だと病院でも治療を受けているでしょうし、保険会社からそろそろ症状固定ではないのかと言われるようなこともあります。保険会社としてはなるべく早く示談交渉をしたいと考えていますし、保険金の支払額を可能な限り少なくしたいと考えています

そのたびに被害者が交渉しなくてはならないのですが、弁護士が代理人となっているなら話は変わってきます。すべての交渉は代理人である弁護士が行いますから被害者は交渉のわずらわしさから解放されるのです

実際、保険会社との煩わしいやり取りから解放されたいという思いで弁護士に依頼する方は多いですし、それくらい保険会社との交渉は面倒ということです。保険会社としてはとにかく支払うお金を少なくしたいと考えていますし、被害者のことなどまったく考えていません。あの手この手で揺さぶりをかけてくるようなこともありますし、そんな日が続いてしまうとただでさえ参っている被害者は余計しんどくなってしまうでしょう。弁護士に依頼して代理人になってもらうとそうした煩わしさからも解放されますから平穏に過ごせます。


**関連記事**

  1. 交通事故の被害相談
  2. 示談金の増額

示談金の増額

お金交通事故のあとには示談交渉が始まるのですが、基本的には被害者と相手側の保険会社によって交渉が行われることがほとんどです。しかし、被害者と保険会社との交渉となると完全に保険会社の土俵になってしまいますし、結果いいように丸め込まれることがほとんどなのです。保険会社としてはできるだけ支払う保険金の額を安くしたいと考えていますし、ビジネスである以上それはある意味当然です。ただ、被害者としてはできるだけ示談金をたくさんほしいと考えていますが、本人による交渉だと結局高くならないことがほとんどなのです。

弁護士へ交通事故被害の相談をすることで示談金が増額されることがほとんどです。弁護士が代理人としてあいだに入ると裁判基準という基準で支払いをしなくてはいけなくなりますから、結果的に示談金が増額されることになります。被害者がどんなに強く主張したとしても裁判基準で賠償金をとるようなことはできないですし、保険会社がもう限界ですといえばそれに従うことになるでしょう。しかし、弁護士が代理人の場合だと裁判基準による支払いをしなくてはならなくなりますから、結果的に示談金が増額されるということです。これだけでも大きなメリットです。


**関連記事**

  1. 交通事故の被害相談
  2. 交渉しなくていい

交通事故の被害相談

交通事故交通事故の被害を受けたら弁護士に相談したほうがイイ、という話を耳にすることがあると思いますが、いったいどうして弁護士に相談したほうがイイのでしょうか。恐らく多くの方がこうした疑問を持たれているでしょうし、疑問を持ちながらも「事故に遭ったときは弁護士に相談したほうがいいのか」と漠然と思っています。しかし、やはりどうして弁護士に相談したほうがイイのかということを知っておいたほうが良いに決まっていますし、どのようなメリットがあるのかを理解しておいたほうが問題の解決が早くなる可能性も高いです。

現在では交通事故の問題を積極的に扱っている弁護士もたくさんいますし、こうした問題に抜群の強さを見せるような弁護士もたくさんいます。相談することによってさまざまなメリットを得ることができますから、交通事故の被害に遭ったときは弁護士に相談するということが鉄則です。では、実際のところ弁護士に相談することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

このサイトでは、交通事故の被害に遭ったときに弁護士に相談するメリットについてお伝えしたいと思います。実際、交通事故の被害に遭った場合には弁護士に相談したほうが解決も速くなりますし、さまざまなメリットがあることは知られています。ただ、それがどのようなメリットなのかを知らない方が多いのもまた事実です。このサイトではあまり知られていないメリットについてお伝えしますから、気になる方はぜひ読んでください。


**関連記事**

  1. 示談金の増額
  2. 交渉しなくていい