交渉しなくていい

病院弁護士に相談したうえで代理人になってもらうと被害者としてはかなり楽です。交通事故の被害に遭った方だと病院でも治療を受けているでしょうし、保険会社からそろそろ症状固定ではないのかと言われるようなこともあります。保険会社としてはなるべく早く示談交渉をしたいと考えていますし、保険金の支払額を可能な限り少なくしたいと考えています

そのたびに被害者が交渉しなくてはならないのですが、弁護士が代理人となっているなら話は変わってきます。すべての交渉は代理人である弁護士が行いますから被害者は交渉のわずらわしさから解放されるのです

実際、保険会社との煩わしいやり取りから解放されたいという思いで弁護士に依頼する方は多いですし、それくらい保険会社との交渉は面倒ということです。保険会社としてはとにかく支払うお金を少なくしたいと考えていますし、被害者のことなどまったく考えていません。あの手この手で揺さぶりをかけてくるようなこともありますし、そんな日が続いてしまうとただでさえ参っている被害者は余計しんどくなってしまうでしょう。弁護士に依頼して代理人になってもらうとそうした煩わしさからも解放されますから平穏に過ごせます。


**関連記事**

  1. 交通事故の被害相談
  2. 示談金の増額