示談金の増額

お金交通事故のあとには示談交渉が始まるのですが、基本的には被害者と相手側の保険会社によって交渉が行われることがほとんどです。しかし、被害者と保険会社との交渉となると完全に保険会社の土俵になってしまいますし、結果いいように丸め込まれることがほとんどなのです。保険会社としてはできるだけ支払う保険金の額を安くしたいと考えていますし、ビジネスである以上それはある意味当然です。ただ、被害者としてはできるだけ示談金をたくさんほしいと考えていますが、本人による交渉だと結局高くならないことがほとんどなのです。

弁護士へ交通事故被害の相談をすることで示談金が増額されることがほとんどです。弁護士が代理人としてあいだに入ると裁判基準という基準で支払いをしなくてはいけなくなりますから、結果的に示談金が増額されることになります。被害者がどんなに強く主張したとしても裁判基準で賠償金をとるようなことはできないですし、保険会社がもう限界ですといえばそれに従うことになるでしょう。しかし、弁護士が代理人の場合だと裁判基準による支払いをしなくてはならなくなりますから、結果的に示談金が増額されるということです。これだけでも大きなメリットです。


**関連記事**

  1. 交通事故の被害相談
  2. 交渉しなくていい